ワークマンの革手袋は安いのに焚き火に使えて優秀すぎる

ワークマンの革手袋+たぬ吉 キャンプ

安くてキャンプのときの焚き火に使えると、話題のワークマンの革手袋。手が小さい人や女性でも問題なく使えるのか、レビューしてみました。私は身長が150cmと比較的小柄です。

焚き火に使えるワークマンの手袋はこれ

私が買ったワークマンの革手袋はこれです。

牛床オイル加工 背縫い黒当て付き手袋 1双

  • 商品番号:WM645
  • 価格:357円
  • 重さ:90g
  • サイズ:Lサイズ

価格が安すぎて震えますね。357円、見間違えでしょうか。

ぶっちゃけスノーピーク様の革手袋だと7,000円くらいしますから。

ワークマンの革手袋は種類が豊富

実は、ワークマンの革手袋はほかにもあります。また、溶接用として売られている手袋もあります。迷いましたがこの革手袋に比べてお値段も高く、女性には大きすぎるし、重くなるかもと思って、やめました。

溶接用手袋「溶接用手袋 5本指コンピ 1双」

また、こちらの革手袋も人気です。

軍手もたくさん種類があります。

サイズ・はめ心地はどう?

サイズは、Mサイズ、Lサイズ、LLサイズの3つがあります。

私が買ったサイズはLサイズ。というのも店舗には、Lサイズしか売っていませんでした。ネットのほうがサイズは豊富かもしれません。

Lサイズでも使えますが、ちょっと大きいです。女性や手の小さな人だとMサイズのほうがよさそうです。男性にもつけてもらったところ、Lサイズでちょうどいいそうでした。

実際にはめてみたのがこちらです。

ワークマンの革手袋Lサイズ
ワークマンの革手袋Lサイズ(汚れは使い込んだ証)

私の手にはちょっと大きいサイズです。

私の手の大きさはこのくらい。

  • 手首から指先までの長さ16cm
  • 指の長さ7.5cm
  • 横幅(最も広い部分)8.5cm

指先にはフィットするのですが、伸縮性はないので、指を動かしたとき突っ張る感じがします。手を覆う感じというよりはかぶせている感じです。細かい作業をするときは、軍手のほうが使いやすいなと思いました。

軍手や、他の難燃手袋と比較したサイズ

軍手やほかに家にある難燃手袋ともサイズを比較してみました。

ワークマンの手袋、軍手や難燃手袋とのサイズ比較
ワークマンの手袋、軍手や難燃手袋とのサイズ比較

そこまでサイズが大きいわけではないことも、この画像でご理解いただけるかと思います。 軍手よりは若干大きく、手首が開いた形状になっているのが特徴的ですね。

軍手と重さを比較

重さは実際に私が測ったものです。軍手と重さを比較してみました。

  • 革手袋:90g
  • 軍手:29g
革手袋の重さは90g
革手袋の重さは90g

焚き火以外使えないの?

利用シーンは他にもこんなときに使えそうです。

  • 焚き火で薪をくべるとき
  • スキレットなど熱い鍋を持つとき
  • 薪ストーブに使える
  • 薪を斧で割ったり、ナイフで細かくするときささくれが刺さりにくい

以前、キャンプで薪ストーブのあるコテージに泊まったのですが、そのときも素手で持てない引き戸部分が問題なく触れました。

焚き火の中から焼き芋を取り出すことができました。

ワークマンの革手袋のデメリット

デメリットらしいデメリットは見当たらないのですが、気になる点といえば、臭いでしょうか。

革手袋なので当たり前なのですが、独特の革臭がします。しばらく使ったあとは汗もかいて、手を洗わないと気になるレベルです。

結論 ワークマンの手袋は使える

ワークマンの手袋。使い込んだ証がこの汚れです
ワークマンの手袋。使い込んだ証

通常の焚き火用手袋と比較すると、コスパがやばい。買って損はない価格だと思います。

通常作業は軍手のほうが使いやすいことも多いので、両方持っていくとよいかも。軍手ありえない枚数で激安です。

ワークマンはここ数年、女性向けの商品も増えてきているのでうれしい限りです。

ワークマンなら焚き火におすすめの服もありますよ。激安。

ワークマンで買った焚き火に使えるウェア「綿かぶりヤッケ」を低身長女子がレビュー