キャンプ

たぬ吉の不器用アウトドアのキャンプに関する記事です。
キャンプは登山よりも初心者ですが、がんばります。

キャンプ

キャンプの救世主! 火吹き棒があるとゆったり焚き火を楽しめる

キャンプの焚き火のときに大活躍してくれる「火吹き棒」。ファイヤーブラスターともいわれ、火が消えかけてしまったとき、火吹き棒があるとまたたく間に復活します。そのほかの火吹き棒があったほうがいい理由・メリットや、使い方、人気・おすすめの火吹き棒を紹介します。100均でも火吹き棒があります。
キャンプ

軽すぎる焚き火台! ベルモント「TABI」の人気の理由は調理にあった

2020年人気沸騰した軽量コンパクトな焚き火台キャンプ焚き火が、ベルモントの「TABI」(タビ)です。ピコグリルを超えたという説を耳にし、買ってみることにしました。使い勝手をレビューします。実際に使ってみると、ピコグリル398より軽い、価格が安い、網がついている、焚き火と網との火が近いので調理がしやすい、チタン製で丈夫と、選ばない理由がないと感じました。特に、調理のしやすさが気に入っています。
キャンプ

富士山の見える小さな隠れ家キャンプ場「Retreat camp まほろば」

河口湖から車で10分ほど、山道を登っていくと突如現れる、小さなキャンプ場が「Retreat camp(リトリート)まほろば」(旧山宮キャンプ場)です。富士山ビューがすばらしく、かわいくて清潔。設備がここまで整ったキャンプ場は少ないのではないでしょうか。シャワールームやお部屋の内観外観、詳しく紹介します。本当に「隠れ家」という言葉が似合うキャンプ場です。
キャンプ

キャンプで活躍! 超軽量ソーラーランタン「キャリーザサン」が優秀でかわいい

ソーラーランタン「キャリーザサン」は、わずか86g超軽量で薄さ1.2cmにもなり、防水防塵性があるうえに見ためも正方形でとってもかわいらしい、優秀な装備です。点灯時間も最大72時間と長いので、キャンプだけでなく、登山にも活躍すること間違いなしです。防災やインテリア用としてもひとつ持っておくと安心なのでは。
キャンプ

【2020年7月最新】昭島アウトドアヴィレッジの混雑状況、コロナ下で店舗はどう変わった?

2020年7月24日に昭島にある「モリパーク アウトドアヴィレッジ」に行ってきました。2回目の訪問となります。混雑状況や駐車場の情報、ペット可否、ランチ情報などをご紹介します。駐車場は満車で混雑しており、店舗によっては入場規制されていました。新型コロナ対策は取られており、飲食店では大幅に席数が減っています。
キャンプ

コールマンのボストンキャリーバッグはキャンプの救世主

車を持っていない人やペーパードライバーでキャンプに行く人にとって、苦労するのがキャンプ道具の運搬です。バックパックだと重く、旅行用のキャリーケースだと運びづらいと感じたことがある人もいるのでは。そんな方におすすめしたいのがコロコロのついたボストン型のソフトキャリーバッグです。今使っているコールマンのキャリーバッグについて好きなところ、イマイチなところをレビューします。
キャンプ

農園の中のキャンプ場「THE FARM(ザファーム)」レポート

千葉県香取市にある、キャンプやグランピングができる農園の中のキャンプ場「THE FARM(ザファーム)」に行ったときの感想をまとめました。コテージ、キャンプ場、グランピングができる場所があり、野菜の収穫体験ができて、ミニ牧場もあるので子ども連れのファミリーには特におすすめの場所です。
キャンプ

登山・キャンプをもっと楽しむためのアウトドアのアニメ5選

登山やキャンプを楽しむなら絶対に知っておきたいアニメが「ゆるキャン△」「ヤマノススメ」。しかしアウトドアのアニメって他にないのでしょうか。個人的におすすめしたいアニメが「放課後ていぼう日誌」。また「ゆるキャン△」のスピンオフ「へやキャン△」もおすすめです。初心者はアニメから学べますし、ベテランさんもギア萌えや、聖地巡礼する楽しみも増えるはず。ドラマ化もされた人気作と、ちょっとグロい作品も紹介します。
キャンプ

ワークマンで買った焚き火に使えるウェア「綿かぶりヤッケ」を低身長女子がレビュー

SNSでも話題になったワークマン(WORKMAN)の「綿かぶりヤッケ」。1,991円と激安なのに焚き火にも使えると話題になった服だからです。「綿かぶりヤッケ」とは何者なのか、サイズ的に女性にも使えるのかレビューします。進化した「綿アノラックパーカー」「フルジップコットンパーカー」との違いについても紹介します。ポケットが大きくペットボトルが2本入っても余裕なレベルです。重ね着をしっかりするならMサイズよりLサイズ。軽い重ね着なら女性はMサイズでも大丈夫そうです。
キャンプ

ワークマンの防風ダブルボアフーディーは登山やキャンプに使えるのか

ワークマン(WORKMAN)で、本当に買ってよかったと商品「ダブルボアフーディー」。2019年の秋に1,900円(税込)と最強のコスパで購入したウェア。かさばらないのに温かくてかわいいのです。フリース素材でジャケットにも使えます。防風で着ているとじんわり暖かい。メリットもりだくさんな商品ですが、実は買ってみて気づいたデメリットもあります。アウトドア好きな私が、登山やハイキング、キャンプでも使えるのか検証してみました。
キャンプ

ワークマンの革手袋は安いのに焚き火に使えて優秀すぎる

安くてキャンプのときの焚き火に使えると、話題のワークマンの革手袋(グローブ)。手が小さい人や女性でも問題なく使えるのか、レビューしてみました。サイズはLサイズを購入。価格はワンコイン以下で買えます。コスパ最強です。私の手にはちょっと大きかったです。重さは測ってみたところ90gでした。軍手やほかの難燃手袋ともサイズを比較してみました。焚き火以外にも、薪割りや熱い鍋を持つときに使えます。デメリットは臭いでしょうか。
キャンプ

見失うほど軽くてコンパクト! 初心者におすすめの焚き火台の選び方

初心者向けにコンパクトな焚き火台の選び方とおすすめの焚き火台、焚き火台を利用するときの注意点をご紹介します。火が使える、組むのが楽、灰受けがある、軽さ、コンパクトさ、値段などから評価しています。ピコグリルが有名ですが、値段的には秘密のグリルちゃんもおすすめです。
キャンプ

キャンプで経験した、初心者ならではの失敗談7つ

初心者で不器用な私が経験した、キャンプにおける失敗談を7つご紹介します。不器用すぎてガスバーナーの火がつけられない、スノーピークのダブルマグを火にかけてしまう、芋が炭化する、燻製の火が消える、米がパリパリになるなど、さまざまな失敗を重ねてきました。知恵と工夫で乗り切ったり、失敗の体験も含めてよい思い出になります。