ゆるそうでゆるくない「東京周辺お泊まりゆる登山」レビュー

登山

登山のガイド本にはさまざまな種類があります。絵で見て楽しむもの、とっつきやすくして引き込むもの、理解を促進させるもの。

おおむね、その顔となる表紙は中身をうかがわせるものになっており、齟齬が発生することは少ないのではと思います。

そんな中、顔と中身が違うガイド本に出合いました。西野淑子さんの本「東京周辺お泊まりゆる登山」です。今回はこちらの本をご紹介します。

この本が向いている人

  • 登山初級から中級者
  • 首都圏近郊に住む人

書籍の概要

著者

西野淑子(にしのとしこ)さん

出版社

実業之日本社

価格

1,300円+税

発行年月

2014年4月25日発行

ページ数

124ページ

文調

ですます調

フルカラー

写真やイラスト/図解

豊富に写真が載っています。特に写真はかわいらしくて雑誌のようです。地図もあり、最低限必要なことは分かります。鈴木みきさんのイラストも最初に載っていました。

著者の紹介

関東近郊の低山を中心にオールラウンドに山を楽しんでいるフリーライター。著書に「東京近郊ゆる登山」、「女子のための!週末登山」などがある。NHK文化センター「東京近郊ゆる登山講座」講師。

この本を読んで分かること、できること

分かることは大きく3点です。

  • 初心者から中級者向けの首都圏近郊の山の概要が分かる
  • お泊まりに適した場所がざっくり分かる
  • 立ち寄る場所も含めた、自分好みの山を見つけることができる

女性向けを意識して書かれた本だと思います。写真に登場する登山者は女性が多く、立ち寄りどころでピックアップされるカフェや飲食店が魅力的。山だけでなく、その前後の楽しみを見つけることができます

写真も淡いフィルターがかかったようで美しく、眺めてうっとりするのにも適した本です。休日、バルコニーでコーヒーを飲みながら眺めたくなります。

ただし、この本だけで登山に行くのはやや心もとない印象です。詳しい地図があったほうがいい山もあります。

また、かなりの高低差や急登、鎖場がある道も、さらっと書いてあるので、入門者・初心者が、この本のテンションでゆるふわっと登ると、しんどい目に遭う気がします。実際に私はやらかしました。

よーく見ると登山レベルに「慣れてきたら」「経験が必要」と書いてあるものもチラホラ。

大平山、棒名山、秩父御岳山、雲取山、谷川岳から、アルプスの入門と言われる乗鞍岳や木曽駒ヶ岳までさまざま。このように、山のレベルもエリアもさまざまなわけです。

とってもかわいらしいテイストを鵜呑みにせず、グレーディングをしっかり調べて、自分の技術と体力に立ち返る必要があるなと感じました。

少し登山に慣れてきた初心者が、次のステップアップのために使う本としておすすめの一冊です。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

載っている山・コース

  • 御岳山〜大岳山
  • 笹尾根
  • 秩父御岳山
  • 大平山
  • 飯盛山
  • 車山
  • 榛名山
  • 塔ノ岳
  • 雲取山
  • 大菩薩嶺
  • 北横岳
  • 天狗岳
  • 那須岳
  • 谷川岳
  • 明神ヶ岳
  • 幕山
  • 草津白根山
  • 篭ノ登山
  • 天上山
  • 乗鞍岳
  • 木曽駒ヶ岳

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

押してもらえるとたぬ吉の励みになります

スポンサーリンク
50%オフの有名ブランドも。送料無料
登山
たぬ吉の不器用アウトドア