登山に麦茶ってどうなの? 登山に適した飲み物、適さない飲み物

麦茶 登山

登山に麦茶ってどうなの?と疑問に思ったことありませんか。実はノンカフェインで、登山にも適しています。登山に持っていくのに適した飲み物について、ご紹介します。

登山に適しているといわれる飲み物

登山に適しているといわれる飲み物

一般的に登山に適しているといわれる飲み物です。

  • スポーツドリンク
  • 経口補水液
  • アミノ酸飲料
  • 麦茶

水や麦茶の場合、ナトリウムが不足してしまうので、塩分も一緒にとる必要があります。急な脱水症状には、経口補水液やパウダー(粉)もあるので、それらが手元にあると安心です。

経口補水液に近いものは自分でつくることもできるようです。

経口補水液の作り方(「STOP熱中症」サイト)

登山に適していないといわれる飲み物

登山に適していないといわれる飲み物には、以下のようなものがあります。

  • アルコール飲料
  • 炭酸飲料
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ソフトドリンク・果汁

利尿作用があるものや、水分がほしくなるもの、逆に水分が取れなくなるものがNGといわれています。特に注意が必要なものがアルコール飲料。利尿作用を促進し、脱水症状になることもあります。

ビールは下山後に飲みましょう
ビールは下山後に飲みましょう

とはいえ、山で好きなものを飲みたいですよね。私は飲みたいです。ですので、トイレの心配があまりいらなそうな山や、宿泊時などには私はコーヒーを持っていきます。お酒は宿泊時に現地調達。体力の心配がいらなさそうなときにビールを飲むくらいに留めています。

私が登山に持っていく飲み物

私が登山に持っていく飲み物は以下です。

  • お湯
  • スポーツドリンク
  • 味噌汁
  • 梅こぶ茶・昆布茶(ノンカフェインです)
  • スープ
  • コーヒー(トイレの心配がいらない時のみ)
  • 紅茶(トイレの心配がいらない時のみ)

水は、怪我を洗ったり、手を洗ったりするのにも使えるので、必ず持っていく飲み物です。

お湯はガスバーナーで沸かすか、水筒に入れて持っていきます。コーヒーを持っていったのに、コップを忘れてしまって飲めなかったときは悲しかったです。

お湯をバーナーで沸かして好きなものを飲むとおいしい
お湯をバーナーで沸かして、好きなものを飲むとおいしい

特におすすめなのが、塩分の入った味噌汁や梅こぶ茶、スープ類。山でお湯を沸かして飲むと、とてもおいしいです。おにぎりがあればそれだけで大満足のごはんになります。山小屋でごはんが余ったとき、ふりかけにも使えるので、梅こぶ茶は本当におすすめです。

必要な水分量

登山に必要な水分量も押さえておきましょう。以下の計算式で算出できます。

脱水量=体重(kg)×行動時間(h)×5(ml)

出典:「登山の運動生理学百科」山本正嘉教授

体重50kgの人が5時間歩くなら、2.5本が最低限必要な本数になります。

トイレの心配をするなら、少しずつ飲む方がおすすめです。一気に飲むと余分な水分が尿となって排出されてしまいます。

関連記事

神経質になりすぎない

麦茶はノンカフェインで、登山には適した飲み物です。麦茶だけだとナトリウムが足りなくなってしまうので、塩分も持っていけば安心。

何がだめ、何がいいとあまりにも神経質になりすぎず、トイレの場所と自分の体力の限界をしっかり把握して、登山を楽しむことが一番ですよね。

また、下山後は、クエン酸が入ったしそジュースや果汁などで、疲れをとってあげるのもいいと思います。お気に入りの飲み物を見つけてください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

押してもらえるとたぬ吉の励みになります

スポンサーリンク
50%オフの有名ブランドも。送料無料
登山
たぬ吉の不器用アウトドア