生理でも、登山に行って大丈夫? かぶってしまいそうなときの対処法

たぬ吉(本体) 登山

今回は、女子向けのデリケートゾーン系のお話です。

もうすぐ山に登りに行く予定だけど、そろそろ生理かも…。もしそうなったら、仕切り直しますか?それとも決行しますか?

実際に行ってみたときの経験から、急に生理になったときの対処法と、そもそも行くべきかどうかについてお伝えします。

実際に行ってみた

これまで生理中、登山に行ったのは数回程度です。

印象深いのは、那須の茶臼岳や朝日岳に行き、大黒屋という山小屋泊のときの経験です。登山を楽しみにしていたのですが、全然生理がきませんでした。強行突破したら宿泊した日にちょうど始まりました。目的を達成して安心したんでしょうね。薬は何度も飲みましたが、トイレも頻繁にあるわけでもないので、不安もありましたし、途中から痛み止めがなかなか効かなくてかなり辛くなりました。

痛みがくる人もいれば、貧血になる人もいます。頭痛が起こる人も。自分の体調と相談し、普段から生理がきたらどのような症状が来るのか知っておくことが大切ですね。

事前にできる対策

ピル

前もって行く日が分かっているなら、かぶらないようずらしておくのがスムーズです。その方法として、ピルという選択肢もあります。しかし、山には急に行きたくなったりするので、なかなか事前に調整するのは難しいものです。

ただし副作用が起こる場合もあります。吐き気や頭痛、不正出血などです。血出るのかよってなりますよね…。

また高いです。目安として4,000円から5,000円かかります。副作用のリスクも背負いつつ、これを払ってまで今行くべきかどうかは悩ましいですね。

そのため、ピルは使い慣れており、副作用はとくに起こらない方ならいいと思います。

膣洗浄

なにやら怖い字面ですが、要は膣を洗うことで、すっきり爽快、生理が早く終わるよ!という商品です。

実際に「生理が早く終わる」と謳う商品もあります。

プチシャワー・セペとか、インクリア、クリーンシャワーなどの商品名で、売られており、薬局で手に入る市販の商品もあります。安いものですと、千円以下で手に入ります。気になる方は試してみてもいいかも。

ただ、私の場合、楽になることもなく、早く終わるということはありませんでした。これは人によるのでしょうね。

ちなみに重いので、泊まりだからといって登山に持っていくのは、控えたほうがいいです。お風呂場で使うので、使えるとこもないですしね。

もし生理が来てしまったときの対処法

布ナプキン

量が多くなく、低山であれば、布ナプキンでも行けそうです。登山だとゴミを持ち帰ることが多いので、気分的にも持ち帰りがしやすいのはいいですね。ナプキンを使うよりも、こすれた感じはないので、付け心地も悪くないです。

私はひどくはないときに布ナプキン+タンポンで登ったことがあります。

しかし、綿素材なので、汗をかいたり蒸れたりします。頻繁に変えることができないなか、ハードな山には向きません。汗をかくと綿なので冷たく感じます。綿の服を着て山に登ると汗冷えするのと同じです。

普通のナプキン

登山のとき、気軽にトイレに行けないので、多い日用のナプキンで乗り越えました。量によりますが、これだけだと不安なときもあります。気持ち悪さはありますが、布ナプキンよりも冷たい感覚はありません。

タンポン

生理のときの心強い味方といえばタンポンです。長時間つけていても大丈夫。歩いていても違和感はありません。ただ、ひどい日は取り換えるときに手が血まみれになります。山ではトイレで手洗い場がないことも。ウェットティッシュは必ず持っていきましょう。基本的に途中で取り替えられないと考え、ナプキンとセットで使うと安心です。私はタンポン+ナプキンで乗り切っています。

月経カップ

まだ試したことはありません。買ってはみたものの、取り出せなくなるとか、慣れるまで大変という口コミを見て尻込みしてしまいました。手も確実に汚れてしまいます。途中で洗う必要がありますが、それも難しいので、やめたほうがいいのではと個人的には考えています。もちろん、使い慣れている方ならいいかもしれません。

痛み止め

必ず痛み止めは持っていきましょう。生理になってなくても、あったほうがいいです。頭痛薬にもなりますし、薬は忘れずに!

貧血対策の食べ物

レバーやひじき、赤身の魚など、貧血の解消によさそうな食べ物をとりましょう。プルーンをおやつとして持っていってもいいかも。

同行者に伝えるべき?

基本的には危険な日を選ばないように心がけてきました。もしも、予定がずれそうな場合は、あらかじめ一緒に行く友人に伝えて仕切り直します。完全にオープンです。

男性には言いづらいと思う人もいると思いますが、途中で具合悪くなられたほうが困ります。伝えたほうが一緒に行くメンバーも、コースや予定に気づかいをしやすくなりますので、共有することをおすすめします。

しかし、気をつけていても、自分の体のコントロールは難しいもので、思い通りにならないこともあります。

行くべきか、延期すべきか

一人なら計画の停止を自分の判断でできます。しかし、友人や家族と一緒で、せっかく休みを取っていたり、前々から計画していた登山なら躊躇してしまう人もいるでしょう。

私は無理せず別の機会にする派なのです。強行突破しても、実際に行ってみるとやはりつらくなってきました。持っていく物も容量が増えますし、ゴミも持ち歩くことになります。できるなら見直すほうが望ましいと思います。

タイトルとURLをコピーしました