登山用タイツはサポートタイツだけじゃない。3種類のタイツの特徴とは

サポートタイツ 登山

登山をするなら、体力や筋力に不安のあるタイツを履くのが安心です。タイツには、怪我を防ぎ補助してくれるサポートタイツをはじめとして、コンプレッションタイツ(リカバリータイツ)、普通のタイツの3つがあります。

私もタイツなんて履けばどれでも一緒だろうと思っていましたが、どうやらそうではなさそうです。それぞれのタイツの特徴と、履き心地、パンツは履くのか、就寝時に履いて寝てもいいのかなどの細かい疑問にもお答えしていきます。

タイツの種類

タイツには、大きく分けて3種類あります。

1)サポートタイツ

2)コンプレッションタイツ

3)普通のタイツ

コンプレッションって何だ?

英語のつづりは、compression。意味は圧縮、圧搾。

だから何だ。

私が初めてこの言葉を目にしたときの、私の気持ちです。

本を読んでいたとき、このように書かれていました。「タイツにはケガを防ぐサポートタイツと、血流を促すリカバリータイツがある」。

コンプレッションタイツとは、リカバリーするタイツのことだったようです。だったら最初から「リカバリータイツって言ってくれよ」と思いましたが、私も成長しました。今では“コンプレッション”という言葉を見ても、穏やかな心で受け止めることができます。

それではそれぞれのタイツの違いについて見ていきましょう。

サポートタイツとは

膝や腰、ふくらはぎ、太ももなど怪我や痛めることの多い場所を、テーピングするかのように安定させてサポート。余計なブレをなくして安定させることで、怪我を防ぎ、補助してくれます。

リカバリータイツ(コンプレッションタイツ)とは

足首から腿への段階的に着圧を変え、血流を促進することで快適さを保ちます。翌日、疲労が溜まりにくくなるというメリットも。

普通のタイツって何なのか

普通のタイツは特に機能性もない、吸水速乾性やUVカット機能のあるタイプです。 画像は私の好きなモンベルのジオラインシリーズ。

おしゃれな柄物タイツもあります。

実際の履き心地・効果は?

サポートタイツ

私はCW-Xのサポートタイツを履いています。気合を入れて履きます。世の中の人はみんなこんな思いでサポートタイツを履いているのでしょうか。脱ぐと、爽快感とともに、下半身にタイツの模様がしっかりと刻まれています。一方で、筋肉痛が起こりにくかったり、膝の痛みが少なかったりするメリットはあります。

リカバリータイツ

残念ながら持っておりません。履いてみる機会があれば、追記します。

普通のタイツ

私はロングパンツのときは、モンベルのジオラインを着て登ることがあります。普通のサポートタイツにロングパンツをあわせるとちょっと足が上げにくくて無理なのですが、薄手のタイツであれば汗をかいても気持ち悪さを感じにくいです。

膝のサポーターをつけてもこれなら邪魔になりません。

サポートタイツとリカバリータイツの見分けはつくのか

今のところ、調べないと見分けがつきません。見た目が明らかに違うとか、分かりやすい違いがあればいいのに、私には分かりません。どなたか分かる方、教えていただければ幸いです。

タイツの下にパンツ(下着)は着るの?

今回、調べてみたところ、メーカーによってはノーパンで履いてもOKだそうです。しかしなんだか痛そうな表記も。

ただし、タイツを着用される方の体型や運動種目によっては運動時にタイツがずり下がってしまう場合があります。そのような場合には、股間部分とタイツの間に隙間が空いてしまい、運動時において股間部分に擦れが生じてしまう場合があります。

引用:c3fit Q&A

履かない選択肢もだめではないですが、スポーツ用の薄手の下着をつけたほうがいろいろな意味で、安心かと思います。

寝るときに履いてもいいの?

寝るときには、タイツは履かないほうがよさそうです。理由は2点あります。1点目はそもそも履いても意味がないから、2点目は不具合が生じても気づきにくいからとのことです。履いたまま寝るのは苦しいので、脱ぎたいと思う人のほうが多いのではないかと思います。

就寝時は横たわるため、心臓と装着部位の重力差がなくなり、下肢(あし)の静脈圧が相対的に下がるため、着用の必要性は低くなります。また、就眠時はタイツがずれたり、よれたりして局部的に圧迫が強くなるなどの不具合が生じた場合に自覚しにくいため、そのようなリスクを回避するためです。

引用:c3fit Q&A

サポーターをつけてもいいの?

着圧が強すぎるので、両方つけないほうがよさそうです。メーカーも推奨はしておりません。私は膝を痛めており、膝用サポーターを愛用していますが、サポートタイツの場合は膝用サポーターをつけると、締め付け感が強すぎる気がします。

登山用のタイツについてご紹介しました。最後にお願いなのですが、もしタイツを履くなら、タイツオンリーで履かないようにしてほしいのです。タイツだけ履いている女性、男性を今までで一度ずつ見かけたことがありますが、目のやり場に困ります。ショートパンツとセットで履いていただくよう、お願いします。